気になったら始めてみよう! 初めての投資

株取引の第一歩。証券会社選びについて知ろう

投稿日:

証券会社とは、株を買うためのいわば「小売店」です。

証券会社には、大手から地場証券会社 (地域に根付いた証券会社) 、そしてネット証券会社と、さまざまな種類があります。株を買うためには、銀行口座と同じように、証券会社に証券口座を開く必要があります。ですので、まずは証券会社選びから始めましょう。

ネット証券か店舗証券か

第一歩として、オンライン証券か、窓口の証券会社にするかを決めます。証券会社には、店舗持てないインターネットのみの証券会社 (ネット証券)と、店舗を持って営業している店舗型証券 (店舗証券) があります。

ネット証券の方が店舗も違い分、低コストで営業できるため、手数料等が安く設定されています。また、店舗証券の中にもネットで売買できるコースを併用している場合もあります。

ただし、インターネットが苦手だったり、営業担当者に相談しながら投資をしたいなどという場合は、店舗証券がお勧めです。

手数料やサービスで選ぶ

実は、自身の投資スタイルが決まっていない場合、証券会社選びはなかなか決めにくいです。そういう場合、まず、はじめに手数料の安いネット証券を選ぶのも手です。手数料も、取引額が小さい投資家が得になるような証券会社や、小口の投資家が有利になるような証券会社など、会社により手数料の安さに差があります。

資金が少ない投資家にとって有利なのは、SBI 証券やマネックス証券です。

このほか、カブドットコム証券では、中高年や女性といった、特定の条件を満たせば手数料が割引になる制度もあります

手数料のほかにも、証券会社が提供しているサービスを比較するのも大切です。ホームページが見やすい、ツールが使いやすい、アナリストレポート(アナリストが分析した騰落の予想)など、投資情報が豊富など、それぞれの証券会社によって、独自のサービスを展開しているので、よく見比べてみましょう。

証券会社の口座は銀行と同じで、複数の会社に口座を開設することもできます。証券会社のほとんどは口座開設が無料です。しかも、口座を開設するだけで、実際の売買がなくても、ツールや投資情報を無料で利用できる会社も多くあります。

という事は、証券会社選びに迷ったら、1つに絞らず、まずは口座を開設し、そこから最も自分に合ったところを決めるという方法もあります。

証券会社を選ぶときのポイント

ここでもう一度, 証券会社を選ぶときのポイントをまとめておきましょう。

取引手数料

ネット証券会社は、店舗型の証券会社に比べると店舗の運営コストがかからないため、取引手数料が安い。

デイトレーダー向けや中長期投資向けの料金プランがある証券会社もあります。

サービスの充実度

  • 初心者向けのサポートサービスがあるか
  • 少額投資を行っているか
  • 日本株以外の外国株を取り扱っているかなど

ネット証券を使ってみよう

ここでは、ネット証券での口座の開設についてみてみます。大まかには次の 3 ステップで完了します

  • ステップ 1. ウェブから口座開設申し込み画面をクリック
  • ステップ 2. 口座開設申し込みフォームに住所氏名等必要事項を入力
  • ステップ 3. 証券会社から届く書類に、必要事項を記入し、本人確認書類の写しと一緒に返送

それでは、実際に証券会社の口座を開設してみましょう。まずは証券会社のホームページにアクセスし、画面に従って操作すれば、上のステップ2までの手続きが完了します。

続いて、数日後に証券会社から書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送しましょう。その中で、「本人確認」が必要になります。そのため、免許証や年金手帳等の本人を確認できる書類の写しを送ることになります。

これで口座開設完了です。開設した自分の口座に入金すれば、取引はすぐにできます。

源泉徴収があるかないか2つの口座の違い

口座開設の申し込みをするときに、「特定口座」が「一般口座」か、どちらを選ぶかを問われます。大きな違いは、確定申告が必要か必要ではないかと言うことです。通常、株の売買で利益が生じた場合 (20 万円を超えた場合)、利益に 20.315 % (所得税 15 %、住民税 5 %、復興特別所得税 0.315 %) の税金がかかります。原則は、株を売買した本人が税務署に確定申告をしますが、特定口座を選び、「源泉徴収あり」を選択すると、証券会社が本人に代わって税金を納付してくれます。ただし、この場合、売買益が 20 万円に満たなくても、自動的にこの税金を支払うことになってしまうので注意が必要です。

特定口座を選ぶと、自分が年間いくらバイバイしたのかを証券会社が集計してくれます。なので、初めて株取引をする人は特定口座を選ぶ方がいいかもしれません。

NISA 口座を開設しておこう

口座開設をする時、NISA の口座も申し込んでおきましょう。NISA は、毎年、100 万円分の株の利益に税金かからなくなる制度です。非課税期間は投資を始めてから最長5年間、非課税枠は最大 500 万円です。株投資初心者にとって、大変お得な制度になっています。口座開設は無料なので、一般の証券取引口座と一緒に開設すると便利です。ただし、NISA 口座は 1 人 1 口座のみという制限があります。一般の証券口座は、複数の証券会社に開くことができます。しかし NISA 口座の場合は、1つの証券会社に口座を開いたら、他の証券会社に NISA 口座を開設することができません。

また、証券会社によっては、NISA 口座での売買は手数料無料などの特典があるので、開設する前に各社のホームページでチェックしておきましょう。

株を注文するまでの手順

最後に、株を注文するまでの手順をまとめておきます。

  1. 証券会社を選ぶ(店舗型の証券外車もしくはネット証券)
  2. 口座開設の手続きをする
  3. 口座にお金を入金する(口座にお金がないと取引ができません!)
  4. 買う銘柄と数量を決める
  5. 注文!

-気になったら始めてみよう! 初めての投資
-, ,

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.