気になったら始めてみよう! 初めての投資

初めて株式投資: 買い注文の出し方

更新日:

証券会社に口座を開設したら、いよいよ買い注文を出すことになります。

http://resolve-money-problems.net/how-to-choose-a-securities-company/

買い注文を出す前に、買う銘柄を決めることになります。銘柄を決めるにはどうやってすればいいでしょうか。「やすい」と言う理由だけで選ぶのではなく、自分の身近にある商品や、趣味などに関する会社から選ぶと良いでしょう。

身近な商品から銘柄を選ぼう

まずは銘柄、どの株を買うかを決めます。ただし、最初はどれを選んだか良いか迷うかと思います。そんな場合は、まずは身近なものを1つ買ってみましょう。音楽が好きならば、自分が好きな音楽系の会社を選んでも良いでしょう。あるいは、風邪の時によく飲む市販の薬が効く。そんな理由で製薬会社を選んでもいいかもしれません。 

時間と銘柄を分けよう

さて、いざ株を買うとき、「損したらどうしよう」と弱気になることがあります。そんな時は、注文するときの 2 つの「分ける」を意識すると良いでしょう。

2 つというのは、「銘柄」と「時間」です。手元の資金が 50 万円ならば、全額を 1 つの銘柄に投資するのではなく、最初は 5 円程度をいくつかの銘柄に投資しましょう。しばらく様子を見て、問題がなければ、もう一度同じ銘柄に投資します。銘柄を分け、時間を分散させて買うことで、株価が下がっても損を最小限にとどめることができるのです。

買い注文を出してみよう

銘柄が決まったら、証券会社のホームページにログインし、買い注文を出します。

買う数量は、どれくらいお金をかけるかで、変わってきます。例えば、1 株の現在値が 5000 円の値段の銘柄 A があったとします。では、5000 円でこの銘柄 A を変えるのかというと、そうではありません。

売買単位とは?

ふつうは、「売買単位」があります。例えばこの売買単位が 100 であれば、銘柄 A は、100 株単位で売買できることを意味します。つまり、最低でも 100 株、それ以上は 200 株、300 株というふうに、100株単位でしか売買できません。

株価が 1 株、5000 円、売買単位が 100 株という事は、銘柄 A を買うには最低でも 50 万円必要になります。資金が足りない場合は、別の銘柄を探すことになります。中には株価が 10 円、売買単位が1000、つまり最低 10,000 円で買える銘柄もあります。

「単位未満株」を利用してみよう

株投資の資金が100,000円しかない、それでも銘柄 A の株が欲しい、という場合は、単位未満株がお勧めです。これは、売買単位が 100 であっても、10 株や 1 株でも買えるサービスのことで、10 万円あれば、大半の銘柄を買うことができます。少ない予算でも気軽に株投資を始めることができますが、取引ができる時間に制限があるなど、デメリットもあります。証券会社によって呼び名が異なっていて、さらに、売買できる株数などの条件も変わります。各社の商品を見比べてみましょう。

-気になったら始めてみよう! 初めての投資
-

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.