おカネが貯まらない人は必ず読んでください!

3 つの支出の種類を把握しよう

更新日:

前回から, 貯蓄のためにどういったことが必要なのかについて紹介しています. 前回は, 収支の現状の把握について紹介しました. 収支の現状を把握したら, 次に行うべきは支出の内訳のチェックです. 今回は, 支出の内訳チェックの際のポイントについてみていきます.

支出の種類は大きく分けて 3 つ!

支出の内訳のチェックは, 月単位で行います. 当然のことですが, 後にみる固定支出のほとんどが月単位だからです.

その毎月の支出は, 大きく分けると 3 種類です.

1. 固定支出. 家賃や住宅ローン 保険料など, 毎月支払う額が (ほぼ) 一定のもの

固定支出は, 総額を把握し, 払い忘れがないようにまとめて給与口座から引落としされる設定にしておきましょう. なお, 固定支出の見直しは, 大きな節約効果があります.

2. 変動支出. 電気代や水道費のように, 毎月支払う金額が異なるもの

電気代, 水道費以外にも, 食費, 服飾費など, 季節や生活習慣によって変動する支出は, 変動支出です. 変動支出は, 小さなおカネの積み重ね. 油断していると, 赤字の原因にもなりかねません. いわゆる「やりくり」で節約ができる支出でもあります.

3. 臨時支出. 保険料の年払いや車検, 結婚祝いなど. 毎月ではありませんが, まとまったおカネが必要になる支出

けっこう見落としがちなのが臨時支出です. 車検代や年払いの保険料, また, 家の修繕費, 家電の購入費, 冠婚葬祭費, 医療費, 自動車税などが含まれます. 臨時支出は, 突発的に必要になることが多い費用. 毎月の家系とは別に準備しておきましょう.

節約するべきはどの支出?

貯蓄には節約が欠かせませんが, 以上 3 つのうちで節約効果が期待できるのは, すでに述べた通り固定支出の見直しです. 例えば, 住まいが賃貸で住宅費が収入の 3 割以上を占めている場合, 現状よりも家賃の安い物件へ引越しすれば大きな節約になります.

-おカネが貯まらない人は必ず読んでください!

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.