人生に必要なおカネ

いまから意識しよう!「老後」のおカネ

投稿日:

自分の老後というのはなかなか想像しにくいもの. しかし, 想像しにくいときからおカネを準備しておくことで, 余裕のある老後を過ごせると言ってもいいでしょう.

年金だけでは老後は過ごせない!

既婚者で会社勤めの場合, 定年退職をすると夫婦で過ごす新しい生活が始まります.  定年退職までの生活水準を維持した暮らしを成立させるためには, 公的年金や退職金だけではなかなかまかないきれない場合があります. そういった事態に備えて, 足りなくなるかもしれないおカネは自分で・事前に準備しておかなければなりません.

もちろん, 老後までには子どもの大学進学・結婚といった多額のおカネが必要なイベントがあります. こういったイベントを人生計画へと落とし込み, そのうえで, ゆとりある老後を送るために必要な金額を把握しなければなりません.

老後の住まいについても考えよう

老後の住まいのことも, 老後が来る前に考えておかなければなりません. たとえば, いまマイホームを購入せずに賃貸に住み, その間に貯金, そして老後にマイホームを購入する. あるいは, 定年退職する前に投資用マンションを購入し, そこに自分が住む. といった方法が考えらえます.

介護のにかかるおカネ

少し寂しい話題ですが, 老人ホームやケアハウスなどの施設で暮らすことになった場合, 月々に費用のが必要になります. そればかりではなく, こうした施設への入居時の一時金が必要です.

介護が必要になった場合を考えてみましょう. この場合, 介護のための住宅のリフォーム費用がかかります. いまこれを読んでいるあなたにとっては, 老後は遠い未来かもしれませんが, 参考のために, 現在は市町村から, 介護レベルによって介護保険の介護サービスを受けることができます.

高齢者向け施設に必要なおカネってどれくらい?

参考までに, 現在どれくらい老人ホームや介護におカネが必要になるかを紹介します.

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは, 施設によってさまざまな介護レベルに対応していて, 月額 12 万〜30万円が現在の相場です. 月額以外に別途一時金が必要になることもあります.

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は, 軽度の要介護者や, ある程度自立した生活を送ることのできる人向けの住宅で, 月額 10 〜 30 万円が現在の相場です. 基本的には, ケアの専門家が常駐しています.

軽費老人ホーム, ケアハウス

自立した生活には不安がある, けど, 身の回りのことは自分でできる, といった高齢者が入居する施設です. 月額 10 〜 20 万円が現在の相場です.

自分の老後について想像するのはなかなか難しいものですが, 住まいにしろ介護にしろ, 現在の視点からどれくらいおカネが必要になるかをしっかり算出して備えておくことが, 将来への不安の解消になるでしょう.

今回までで, 人生に必要なおカネについて概観してきました. 次回から, 人生に必要なおカネを備える, つまり, 貯蓄についてみていくことにします.

-人生に必要なおカネ

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.