おカネの貯まるカードの使い方

賢く使おう! 電子マネー

投稿日:

今や誰もが気軽に利用している電子マネー。電子マネーには、鉄道運賃や買い物に利用ができる Suica や PASMO といったプリペイド型のものと、PiTaPa のように利用後に請求が発生するクレジットカードに近いタイプのものがあります。

電子マネーを使うときの注意点

プリペイド型は、使用前に IC カードにチャージ (入金) するため使用限度を自分で設定できます。ただ、カードをかざすだけで支払いが済むので、気軽に使いすぎてしまうこともあります。

後払いの電子マネーの場合は、残高を気にせずに利用することができて便利です。しかし、その分、予算がオーバーしやすい危険もあります。

それぞれのポイントを押さえて賢く使いましょう。

Suica の仕組み

Suica はどういった仕組みになっているのでしょうか。消費者が Suica 加盟店で利用した代金は、JR 東日本日前にチャージした分で決済されます。加盟店は JR 東日本に対し、加盟店手数料として代金の 2 〜 3 %を支払います。

電子マネーを使うときのポイント

今やどんなコンビニでも使えるのが魅力の電子マネー。便利ゆえに金銭感覚を失ってしまうわないよう心がけましょう。

足りないからチャージはダメ。使用金額を計画的に設定しよう

1000 円ずつなど、少額しかチャージせず、足りなくなるたびに何度も追加するのは避けましょう。1 ヶ月の使用金額を決めて、その分もまとめていチャージするようにしましょう。意識的に金額を決めることが大切です。

1 回のチャージ金額は 3000 円から 10,000円にしましょう

1 回のチャージ金額はおよそ 3000 円から 10,000 円が理想的。利用頻度やライフスタイルによって、利用する金額を想定してチャージしておくと良いでしょう。残高が足りずに支払いの際に手間取ったり、度々チャージする手間も省けます。

カードの残高を見るクセをつけましょう

カードを利用した際には、必ず残高をチェックするようにしましょう。残高を見て「ちょっと使いすぎてるかも」と気づいたら、どこでどんなふうに利用したかを思い返してみるようにしましょう。

複数持つなら交通系 +1枚に

利用するカードの数が多すぎると、残高管理が難しくなります。カードの枚数は2枚までに抑えましょう。もっとも量の多いのは交通系だと思いますので、交通系プラス 1 枚に抑えましょう。たまったポイントの管理もカードが少ないほうが楽です。

-おカネの貯まるカードの使い方
-, , ,

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.