おカネが貯まらない人は必ず読んでください!

貯蓄分を先にキープしよう

更新日:

お金を貯められない人はなぜお金が貯まらないのでしょうか。貯蓄できない人の多くに共通しているのが、収入を得るとそれをすぐ消費に回してしまい、収入のうち消費に使用しなかった余りを貯蓄に回そうと言う考え方です。

貯蓄できない人の特徴

こういった考え方を持ってしまっている人は、何かそこまで必要でないのに特別なイベントなどがあったりするとついついお金を使ってしまいます。そして月々の貯蓄額がゼロなんて言うことになってしまいがちです. また、貯蓄ができたとしても、毎月の貯蓄額が不安定になってしまいます。

貯蓄の絶対ルール

もしあなたが確実にお金を貯めたいと固く決意するのであれば、余ったお金を貯蓄に回すのではなく、収入があった時点で貯蓄分を先に確保することが絶対ルールです。

貯蓄分を引いた残りのお金を日々の生活の質に回すようにしましょう。そうすれば、毎月の貯蓄分は既にキープされていることになっているので、お金がたまりやすい仕組みになります。

貯蓄の基本は毎月決まった金額を確実に貯めることです。これに無理なく取り組むためには、給与の支払い時に自動的に天引きされる金融機関の制度などを利用した「先取り貯蓄」などを利用するのが良いでしょう。

先取り貯蓄とは?

給料日に財形貯蓄や社内預金制度を利用して、一定の金額を貯蓄する方法のことを「先取り貯蓄」と言います。いちど手続きしてしまえば、自動的に積み立てされていくので、手間がかからず大変便利です。

先取り貯蓄をする場合は、定期積み立て口座を別に設けて、できるだけ引き出しにくい環境にすることが重要。

先取り貯蓄は、勤務先で「財形貯蓄」家「社内預金」といったシステムがある場合があります。こういった場合では積極的に利用するようにしましょう。

このほか銀行などでも「自動積み立て定期預金」や「確定拠出年金」など、

様々な方法で先取り貯蓄をすることができます。

-おカネが貯まらない人は必ず読んでください!

Copyright© おカネの悩み解決情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.